夏に向けて全身脱毛

夏に向けて全身脱毛を考えている人は多いようです。
どうせなら、エステではなくクリニックの医療レーザーで永久脱毛をしたいですよね。


しかし、ちょっと待ってください。
永久脱毛のレーザー照射にはいくつかの注意点があるのです。
レーザー脱毛とは、毛のメラニンに反応する光を照射し、毛乳頭を破壊し、毛を生えてこなくする方法です。
黒い色のメラニンに反応する光を照射しているので、黒い色には注意なのです。
つまり、黒い色の毛乳頭に熱ダメージを与え、破壊するわけです。
毛だけではなく、照射部分にメラニンがあったら、そちらにも反応してしまうのです。
そういったことから、全身脱毛の施術期間中の日焼けはNGとなっています。
日焼け後の肌が黒いのは、大量のメラニンが発生しているためです。
こういった状態で照射をすると、痛みを生じたり、ひどいと火傷になってしまいます。
そのため、全身脱毛期間中の日焼けはNGなのです。


また、照射前後に体を温める行為もNGとなっています。
照射後の肌はいわば軽い火傷状態です。
体を温めると、皮膚が赤くなったり、かゆみを持ったり、腫れたりする危険性があるためです。
従って、施術前後24時間の飲酒NG、施術後の激しい運動NG、施術後の入浴もNGとなっています。
この他にも生理中の施術はNGとか、光アレルギーの人は施術NGなど、全身脱毛を受けるにあたっては、いくつか注意点が存在します。
守るべき点はしっかり守ってはじめて、安全な全身脱毛が可能となるのです。

脱毛サロンゼミ.comはこちらです!